美容外科の脱毛との違い

美容外科の脱毛との違い[エステ体験おすすめランキング]

美容外科の脱毛との違いは?

脱毛エステと美容外科の脱毛は、よく比較されていますが、
どのような違いがあるのか、ご紹介したいと思います。

エステサロンの脱毛エステは、美容の施術の領域の
範囲内で行われるエステであり、美容外科の脱毛は、
エステではなく、美容的な治療の一環であるという違いがあります。

脱毛エステの光脱毛と、美容外科のレーザー医療機器による
脱毛の違いをあげると、レーザーによる脱毛は

医療機器を用いることで医療行為とみなされるため、
エステサロンではレーザー医療機器による脱毛エステは、行うことができません。

脱毛エステのIPL脱毛・光脱毛は、医療用レーザー脱毛と比較すると、
光の出力が弱いものであり、永久的な脱毛の効果を期待する人には、
美容外科でのレーザー医療機器による脱毛が適しています。

ただし、肌質やムダ毛の生え方などの状態によっては、
医療用レーザー脱毛による脱毛法が合わないと判断される場合もあります。

IPL脱毛とは?

エステサロンでよく行われている脱毛法として、
IPL脱毛という言葉を耳にするようになりました。

IPL脱毛は、光脱毛、フラッシュ脱毛とも呼ばれており、
特殊な光のパワーを用いた最先端の脱毛法です。

従来の電気脱毛のように、脱毛する箇所の毛穴に針を
通す必要もなく、脱毛にかかる時間をわり短縮化するとともに、
痛みを軽減できるようになりました。

光のパワーを用いたIPL脱毛は、瞬時に集中的に光を照射して
脱毛しますので、お肌ダメージを残すリスクが低くてすみます。

IPLとは、インテンス・パルス・ライトという言葉の頭文字を
とった呼び方で、脱毛するときに皮膚の表面の温度が

急に上昇することもなく、赤く腫れあがったり、
かぶれたりする心配がなく、お肌への負担が少ないものです。